高知家総合診療専門研修プログラム

HOME メッセージ

メッセージメッセージ

Voice 〜総合診療専攻医の今〜Voice 〜総合診療専攻医の今〜

患者さんやご家族のLifeに寄り添える医師を目指して患者さんやご家族のLifeに寄り添える医師を目指して

高知家総合診療専門研修プログラム1年目
高知県立あき総合病院 福本 光里
(2015 年度高知大学医学部卒業)
総合診療は将来どんな道を歩むとしても医師として大切な基盤となる――そう話す福本医師は、高知家プログラムの第一期生。現在は高知県立あき総合病院で、指導医・上級医や経験豊富な看護師などのコメディカル、そして何より患者さん自身から多くの学びを得ながら、日々研修に取り組んでいる。
研修医として勤めていた時、こういう人たちと⼀緒に働きたい、こういう医師になりたいという刺激を私に与えてくださったのが、総合診療に携わる先生方でした。病気だけでなく常に患者さんの背景までしっかり診ようとするその姿勢から、医師として、また人として大切なことを教わり、自分も総合診療医の道に進もうと決意しました。
現在はプログラム1 年目の専攻医として、指導医・上級医の指導のもと、外来や病棟でさまざまな患者さんを受け持たせていただいています。まだまだ未熟ですが、ゆったりとした高知の暮らしや人のつながりの中で患者さん⼀人ひとりに寄り添った医療に関われることが、今の私の糧となっています。精⼀杯、成長しながら、少しでも地域医療に貢献できればと考えています。

Voice 〜総合診療専攻医の今〜Voice 〜総合診療専攻医の今〜

患者さんの疾患や周辺の問題を包括的・継続的に診る患者さんの疾患や周辺の問題を包括的・継続的に診る

高知家総合診療専門研修プログラム1年目
高知医療センター 江端 千尋
(2015年度高知大学医学部卒業)
救急や急性期だけ切り取るように患者さんを診るのではなく、患者さんの健康への不安や日々の暮らしに常に寄り添える医師でありたい――そんな思いから総合診療医を目指したという兵庫県出身の江端医師。1 年目の現在は、県の基幹医療機関である高知医療センターで内科研修中である。2年目は県東部の中核病院、高知県立あき総合病院で研修予定。
来院された患者さんの病気の診断がついたり、症状が改善し元気になっていかれる姿を見るのが、今の私の一番の喜びです。いずれは、小・中規模の病院で患者さんやご家族に寄り添った医療を実践していければと考えています。
さまざまな疾患を判断、フォローできる総合診療医にさまざまな疾患を判断、フォローできる総合診療医に総合診療医は、専門性の対極にあると思われがちですが、実はそうではありません。高齢化が進む中、複数の疾患や問題を抱える患者さんが増えていますが、総合診療医がさまざまな疾患に対して適切な判断やフォローをしながら、必要があれば専門の科に紹介したり包括的な支援につないだりすることで、そういった患者さんもいくつもの病院を回ることなく安心して地域で暮らしていくことができます。それが総合診療医の専門性の一つではないかと感じています。ここで多くの経験を積み、総合診療に必要な臨床能力を高めていきたいと思っています。

病院の都合ではなく、自分の意思で研修をカスタマイズ病院の都合ではなく、自分の意思で研修をカスタマイズ 高知家プログラムは、専攻医一人ひとりの希望に応じて柔軟にカスタマイズが可能です。例えば、私は週2回の外来と週1回の内視鏡検査、超音波検査を行い、週1回の研修日は内分泌内科、血液内科など期間を決めて研修しますが、同期の専攻医は週2回の内視鏡検査のほか、別の臓器別内科研修を行っています。それぞれの専攻医の希望に合わせて各内科をローテートしたり1週間の研修の構成を決めたりすることができるので、目指すキャリアに向けて、日々意欲を持って取り組むことができています。 来院された患者さんの病気の診断がついたり、症状が改善し元気になっていかれる姿を見るのが、今の私の一番の喜びです。いずれは、小・中規模の病院で患者さんやご家族に寄り添った医療を実践していければと考えています。

Voice 〜総合診療専攻医の今〜Voice 〜総合診療専攻医の今〜

緊急性の高い病気を判別できる確かな臨床能力を養う緊急性の高い病気を判別できる確かな臨床能力を養う

高知家総合診療専門研修プログラム1年目
高知県立幡多けんみん病院 東山 祐士
(2014年度自治医科大学卒業)
東山医師は高知県四万十市出身。高齢化や人口減少が全国に10年以上先行していると言われる高知県で、総合診療やへき地医療に携わり地域に貢献すると同時に、これからの日本に必要な医療を学びたいと考え、高知家プログラムを専攻した。現在は、県西部の中核病院である幡多けんみん病院で、指導医やさまざまな科の医師、多職種のスタッフと連携し、幅広い症例を診ながら研鑽を重ねている。
臨床では病歴聴取に加え、患者さんを直接診たり聴いたり触れたりして身体で覚えるという経験を積むことが多いですが、学会に参加し、常に最新の医学知識を学ぶことも重要だと感じています。その両輪で、患者さんを支えていきたいですね。
患者さんの最初の窓口として症状や疾患を選り分ける力を磨く患者さんの最初の窓口として症状や疾患を選り分ける力を磨く総合診療医として大切なのは、やはり自分が患者さんの最初の窓口として、それがよくある疾患なのか稀な疾患なのか、あるいは危険な症状なのかそうではないのかを選り分けることです。十分な設備のない中で診察することも多いので、身体所見や病歴などから推察することも必要になってきます。そのセンス、能力を磨くことが重要だと感じています。その点、幡多けんみん病院にはさまざまな疾患の患者さんが来院・入院されるため、より実践的な経験を積むことができます。また地域に密着した中核病院として、地域包括ケアの中で医療資源や社会資源をどう活用して患者さんを全人的に診ていくかというようなことも学ぶことができると思います。

月一回、離島に渡り、へき地医療を学ぶ月一回、離島に渡り、へき地医療を学ぶ 今は医療の確保が困難な地域が増えています。私が月に一回、診療に行く鵜来島もその一つ。人口約20人、高齢化率約90%の鵜来島では、廃校になった小学校の保健室が診療所です。診察は、世間話も交えながらゆっくり丁寧に行います。ちょっとした訴えから大きな病気がわかることもあるので、ささいなことも聞き逃さないよう気をつけています。住民の皆さんと家族のような関係が築いていけたらうれしいと思っています。 臨床では病歴聴取に加え、患者さんを直接診たり聴いたり触れたりして身体で覚えるという経験を積むことが多いですが、学会に参加し、常に最新の医学知識を学ぶことも重要だと感じています。その両輪で、患者さんを支えていきたいですね。

ページトップへ戻る